アラフォーにしてまさかの母ちゃんになったワタクシとハルの毎日を赤裸々に綴ってます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆発しました!
今日、ホントはダンナ様と河津桜を見に行こうと思ってたんだ。
なもんで、朝4時に目覚しセットしたんだけど、実はその前から起きてたのよ。
なんでそんなに早起きなのかって?
そりゃ~もう、大変なことが起こってたからよ。
いったいワタクシの身に何が起こったのかって?

それはたぶん3時半すぎだったと思う。
あまりにお腹が痛くて、目覚めてしまったワタクシ。
だけどいつもの腹痛とはあきらかに違うんだよね、場所が・・・。

自分でお腹のアチコチを押してたら、あうっ!ってなる場所が一箇所。
そう、それはおへその右下。ま、まさか。ワタクシってば盲腸

痛みが治まったら出かけようと思ってたけど、だんだん増してくる気が。
しばらくお布団のなかで悶えてたんだけど、今度はお腹が下った模様。
急いでお手洗いに駆け込むと、もうユルユルな感じで大変!
心配したダンナ様が、『さちぃ~、朝一で病院へ行こう!』と言ったんで、
かかりつけの内科に連れてってもらい、診察を受けたところ・・・。

『あ~、たぶん盲腸ですね!念のため外科で検査した方がいいでしょう!』って。
紹介状を書いてくれるっつ~んで、さっそく近くの総合病院へ。
まずは血液検査と腹部レントゲン、そして人生初のMRI検査ですわ。
もう、ワタクシってばビビリまくり。 ずっと眼を閉じてたよ。

検査後、待たされること1時間以上。なんと今日は外科の外来やってない!
だけど紹介状があったんで、病棟のセンセイが診てくれるとのこと。
しかもそのセンセイのオペ待ちだったんで、こんなに待たされた模様。
普通ならアタマに来るところだけど、お腹痛いし、寝不足なんでガマンの子。

そしてようやく呼ばれたのが処置室。そこで立ったまま画像を見せられひとこと。
『はい、ここが盲腸。腫れてますね~。で、急性虫垂炎です!』って言われたよ。
しかも、『見たところ平気そうだね?薬で散らしましょう!』って言われる始末。
確かに普通にしてると大丈夫なんだよね~。押されるとあうっ!ってなる感じ?

とりあえず早期発見?だったんで、入院せずに投薬で散らすことになったわ。
『それでもダメなら入院して点滴、それでもダメなら潔く切りましょう!』だって。
なんとまぁ~、あっけらかんとしたセンセイなんだ。逆にホッとしたけどね。

てな感じで、河津桜どころの話じゃなかったよ。マジで超焦った一日でした。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © フナボリーゼのひとりごと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。