アラフォーにしてまさかの母ちゃんになったワタクシとハルの毎日を赤裸々に綴ってます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと考えた。
今日はちょっといろいろ考えさせられる日だったよ。
というのも、とあるテレビ番組を見たからで。
それは金スマの特集で、長門・南田夫妻の半生を描いたモノだったんだけど。

番組を見終わったと、ふと考えちゃったのよね~。
もしワタクシが将来、介護が必要になったとして。
果たしてダンナ様はワタクシを介護してくれるのだろうか?って。
逆にワタクシがダンナ様の介護ができるのだろうか?って。
ま、その前にそれぞれのの介護が必要になるかもしれないけど。

そんなことを考えたらキリがないいんだけど。
せめてダンナ様には身の回りのことができるようになってもらいたい。
マッキーの唄じゃないけど、『紅茶のありかがわからない』(byもう恋なんてしない)
っつ~のを地でいってるもんな。ちゃんと教育してるんだけど、学習しないし。

試しに帰宅したダンナ様に聞いてみたよ。
『ねぇ、もしワタシが寝たきりになったら、トイレに連れてける?』って。
そしたら、『えっ?そうだな。頑張ってだっこするよ!』とは言ってたけど、
実際問題ワタクシってば重たいんだよね~。(笑)
でもホントに下の世話とかしてくれるのかね?
う~ん、マジで再教育せねばならないかもな、老後のために。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © フナボリーゼのひとりごと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。