アラフォーにしてまさかの母ちゃんになったワタクシとハルの毎日を赤裸々に綴ってます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院生活9日目
世間はお正月だっつ~のに、ワタクシは病院でございます。
朝6時。病室のドアが開いて、強制的に電気がつけられます。
お手洗いを済ませ、NST(ノンストレステスト)の準備をするわけです。
助産師さんとは、なんとなく変な新年の挨拶を交わしたなぁ。
『そんなにめでたくないよね?今年もよろしくって変だよね?』って。

ということで、TVの初日の出中継を見つつ2010年の朝を迎えたワタクシ。
NSTの結果が良好だったので、点滴の量がちと減った。(3A 35ml/1h)
新年早々よい結果だったんで内心ホッとしたわ~。

そうそう。この日の朝ゴハンは元旦らしく、お雑煮やおせち料理が並んでた。
栗きんとんには金粉がかかってたさ。どこまで豪華なんだか。
今思えば写メ撮っとけばよかった、ってマジで思うよ。ま、不謹慎だけどね~。

そして10時過ぎ。ダンナ様が出勤前に来てくれた。婦長さんに怒られながら。
面会時間外だからねぇ~。でもその時間しかこれないし。
で、例の水のいらないシャンプーを持ってきてくれた。
さっそく使ってみたけど、スッとするくらいで、やっぱシャワーには勝てないわ。

な~んて思ってたら。婦長さんが『シャワーの許可が出たわよ!』って。
点滴の針はそのままで、左腕をラップでグルグル巻きにされたワタクシ。
いさかか不便だったけど、人生で最も気持ちいいお風呂だったわ。
人間、何でも耐えてみるもんね~。こんなことで幸せ感じるんだもん♪
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © フナボリーゼのひとりごと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。