アラフォーにしてまさかの母ちゃんになったワタクシとハルの毎日を赤裸々に綴ってます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間関係って難しい?
例の慣れ慣れしいというか、ずうずうしい姉さんなんですが。(=以下、慣れずう姉さん)
日を追うごとにワタクシに接近してくるんです。それはもう、背後霊のようです。
ことあるごとに、『●●さんの入力を見ててもいいですか?』って職員さんに言いながら、
自分の仕事が落ち着いたとき、やたらとワタクシの入力を見てるんです。

ま、そんなことで慌てるワタクシではないんだが・・・。
ただ、ジッと見られながらっていうのは、なんとなく落ち着かないんだよね。
しかも慣れずう姉さん、悪気なさげな感じなんで余計に腹が立っちゃうんだよね。
うううっ、なぜワタクシはこういう姉さんに好かれるんだろう?どうせならオトコに好かれたい・・・。

なもんで今日の帰りも、例のごとくバス停まできやがった。
そして唐突に、『●●さんと話したいけど、職場じゃ話せないこともあるしね~』って。
何のことだ?と思ってたら、やれ自分はもっと稼げるだの、職員さんの指示がヘタだだの。
そんなの、わかりきってることじゃん。だから時給も安いし、お気楽仕事なんじゃん。
だったらさっさと辞めて他の仕事をすればいいのに、『ワタシを頼るんだもん』とか等々。

オマケに職員さんの話になったとき、『ワタシあの人超キライなのよね~。』って。
もちろん、ブラマヨ姉さんのことです。そうだろうなぁ~。話してるの見たことないし。
ちなみに、我が天敵?である、セクハラ修行僧のことが大好きなんだって。
この先、ワタクシはこの慣れずう姉さんとウマくやって行けるだろうか?超心配っす!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © フナボリーゼのひとりごと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。